韓国ドラマ「月が浮かぶ川」がキム・ソヒョンさん主演で始まりました。

KBS 2TV月火ドラマ

三国史記に記録された高句麗の有名な説話である

ピョンガン(キム・ソヒョンさん)とオンダル(ジスさん)の

大叙事詩をモチーフにしたフュージョン時代劇ロマンス。

韓国のいじめ問題が拡大してジスさんも渦中の人になってしまったようです、代役はナ・イウンさんに決定!

久しぶりかな古い時代の本格的な時代劇が始まりました

気になったので元になる「まぬけなオンダルとピョンガン姫」

という昔話を読んできました^^いいお話でした

泣き虫ピョンガン姫に貧乏で不細工なオンダルと

結婚させると言うと何故か泣き止んだ

成長して違う人と結婚を勧められて反抗して家出

オンダルの押しかけ女房^^;となり

オンダルにいろんな事を教えて

立派な武将に成長させ王様にも認めさせたのです

戦場で亡くなってしまいましたが・・・

監督 ユン・サンホさん

師任堂(サイムダン)色の日記」「異夢」「風と雲と雨

などを演出したプロデューサー

脚本家 ハン・ジフンさん 「犬とオオカミの時間」「99億の女

ストーリー


韓半島が高句麗と百済と新羅に分かれていた

高句麗の第二十五代の王様の時代

女性初の高句麗太王を夢見る野心家のピョンガン姫は

オンダルの心を利用し目標に向かって走っていこうとするが

オンダルに出会って感じる新しい感情によって混乱を経験する


高句麗の皇室で繰り広げられる権力争いと

ピョンガン姫とオンダルの切ないラブストーリー


キャスト




このドラマから俳優のジスさんが完ぺきに姿を消してしまいます・・・

新しい主人公を演じるナ・イウンさんは7話からの登場でしたが

初回から6話までを改めて撮影しなおすそうです。


左 ジスさん 右 キム・ソヒョンさん


キム・ソヒョンさん ピョンガン姫・ヨム・ガジン役

姫として生まれて殺し屋として育てられ

気が強くしかったりとした人物


父である王が在位して3年、私兵を率いて「塩の独占販売権をよこせ」と王に圧力をかける貴族を見て、母である王后が高句麗に忠義を尽くす将軍オンヒョブに助けを求めに村に行き、

母が殺されてしまい逃げ延びたが記憶をなくして養父に育てられる

チョン・ジュパンという殺手集団の一員で冷徹で残忍な面もある

最初は復讐のため無能な父と奸臣(国を傾けた臣下)を

追い出して崩れた高句麗の地位を立て直すべきだという目標を持ち

女性初の高句麗の太王になるという夢を見るほど

大変な野心家のようにも見えるが

国と民を守りたいという気持ちだけは本気

始まりは復讐だったが次第に大義のために自分だけの戦いを

するようになり最終的には国や民のために

高句麗の地位を立て直すために戦う女性


ジスさん オンダル役

平和を害するものには力を使う純朴で心優しい人物

彼は誰かを守るためだけに戦う


少年の頃ピョンガン姫を逃がしてあげる

父親が処刑される前に

「復讐なんかない。君の世界に怒りも憎しみもない。

バカになって静かに平穏に生き残れ」と言われる

父の遺言にしたがって非暴力主義者として生きていたが

愛する女性ピョンガン姫のために刀を握るのです



カン・ハヌルさん オンヒョプ役

オンダルの父

高句麗の国境を守る武将・スンノ部の族長

スンノ部が逆徒であると濡れ衣を着せられて処刑される


イ・ジフンさん コ・ゴン役

1千人以上の部下を持つ、高句麗一のエリート将軍


父親のコ・ウンピョがピョンガン姫の母親を殺した

ピョンガン姫と対立する関係

感想など



「椿の花咲く頃」で注目されたカン・ハヌルさんと

ジスさんが共演する時代劇を見ると

「宮廷女官若曦曦(ジャクギ)」の韓国版の

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」を思い出します^^

直ぐに処刑されたからつまんないけどね^^;


オンダルの少年時代演じているソ・ドンヒョン君(17歳)

顔見てすぐに「天命」で王様の異母弟で

キョンウォン大君演じていた子だってわかったわ

2013年のドラマでしたから8、9歳頃かな

長いセリフも感情込めて泣きの演技も立派でした^^

久しぶりに拝見して大きくなっててビックリでした^^


最近のドラマ時代劇が多いから嬉しいです^^

3月にはチャン・ドンユンさん主演の「朝鮮駆魔師」

開始されるそうですから楽しみです^^

人間の欲望を利用して朝鮮を征服しようとする悪霊と

民を守るためこれに立ち向かう人間たちの血闘を描いた

ファンタジーアクション時代劇だそうです^^


追記

最近韓国では十数年前のいじめが暴露されて双子のバレーボール選手が追放された事が発端で「いじめ#MeToo」がいろんな分野に広がってきているみたいです

そんななかでのことでしょうか、主演のジスさんにも中学時代の同級生と名乗る人物がジスからいじめを受けたと主張したそうです。

学校のボスとして君臨しながら様々な悪行を犯したという・・・いじめ、暴力、脅迫、侮辱、悪口など・・・


ジスさんは過去のいじめ疑惑を認め、謝罪したそうです

ジスさんは3月4日、自身のInstagramに直筆の謝罪文を掲載

「僕のせいで苦痛を感じた方々に心よりお詫び申し上げます。過去に犯した非行について、いかなる弁解の余地もありません。許されない行動でした」と述べた。

「心の片隅に過去に対する罪悪感が常に存在し、後悔がいつも大きな不安として残っていました。暗い過去が常に自分を締め付けていました」とし「俳優として活動する僕を見て、長い間、苦痛を感じてきた方々に深く謝罪し、自身の過去を反省して自粛します」と謝罪した。

「僕のせいで被害を被った全ての方々に心よりお詫び申し上げます」と付け加えた。



撮影には影響はないのかな~~ ?

有名になればその人の顔を見る機会も増えて、過去の嫌な事を思い出してしまうのでしょうね心当たりのある方たちは戦々恐々な思いをされているのかもしれないですね


3月5日記

KBSの視聴者権益センターには約5,700人もの視聴者からジスの「月が浮かぶ川」の降板を要求する請願が寄せられている状況だそうです、4日の撮影も中止だったそうです・・・


降板になるのか ? 他の暴露もいっぱい出てきて問題が大きくなってきているそうだからどうなるのかな~ ?


降板だそうです、誰がオンダルを演じるのかな~ ?

オンダルの代役はナ・イヌさん(ナ・インウ)に決まったようです

この前終わった「哲仁王后」に出演されていました^^

放送局と制作会社は、世論と作品の完成度を考慮し、

ナ・インウを代役に選び、慌てて7話から登場することを決定し

同時に7話から17話までは撮影しなおすこととなったのです

このようにピンチのなかでも多くの出演者たちが

ノーギャラで撮影に参加

「月が浮かぶ川」への愛情と義理を見せのだとか


☺私的にはオンダルはジスさんの方が似合っていたように感じます

オンダルはまぬけな人物という事なので・・・

哲仁王后でのナ・インウさん怖いイメージ引きずっているからかな~^^;





にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

“韓国ドラマ「月が浮かぶ川」がキム・ソヒョンさん主演で始まりました。” への2件の返信

コメントは受け付けていません。