韓国ドラマ「風と雲と雨」視聴開始

パク・シフさんとコ・ソンヒさんという好きな方が出演の時代劇が

2020年5月17日からTV朝鮮で放送が開始されました。

2021年9月4日からアジアドラマチックTV(韓国ドラマをメインとして、アジア各国のドラマや映画、バラエティ番組などを放送している、有料専門チャンネル)にて放送開始されます。



風と雲と碑

原作は李炳注(イ・ビョンジュ)さんの歴史大河小説だそうです

1921年、韓国慶尚南道河東出身。日本の明治大学文学部卒業。

早稲田大学仏文科修学。戦時中、学徒志願兵として日本軍にとられ中国で解放を迎えた。

帰国後、晋州農大、海印大、外国語大学、梨花女子大学などで教鞭をとり、

釜山国際新聞の主筆兼編集長を務めた。

1965年中編『小説アレクサンドリア』を『世代』誌に発表して文壇に登場。

韓国文壇における元老作家としての地位を確立した。1992年没



日本で勉強された方なのですね^^

演出は「師任堂(サイムダン)ー色の日記」など事実とフィクションを混ぜ合わせた完成度の高い時代劇を手掛けてきたユン・サンホさんなので楽しみです

初めてテレビで観た韓国ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」の主人公

イ・ヨンエさんが13年ぶりにドラマにカムバックした「師任堂ー色の日記」は好きでした^^

関連リンク↓

韓国ドラマ「師任堂(サイムダン)色の日記」





ストーリー

朝鮮時代末期の哲宗時代

運命を読む朝鮮一の易者で名誉と利益を武器に活用する主人公の美しい挑戦と切ない恋。

そして彼の恋を脅かす、王の選出や退陣に裏方で大きな影響力を持つ人物たちと

繰り広げる王位争奪戦を描いたドラマ。

チョンジュンは未来を予見する力を持つボンリョンと思いを寄せ合うが

その力に目をつけた権力者ビョンウンにより引き裂かれ、

ビョンウンに加担した友人インギュに父を殺される。

チョンジュンは復讐を誓い易術家となって都に戻る。

キャスト

前列左から チョン・グァンリョルさん パク・シフさん コ・ソンヒさん

後列左から キム・ボヨンさん  イルさん  ソン・ヒョクさん

ハン・ジェヨンさん チャ・グァンスさん  キム・スンスさん

時代劇ではおなじみの顔ぶれって感じですね^^

パク・シフさんは「王女の男」以来9年ぶりの時代劇でね

コ・ヒソンさんも「夜警日誌」以来6年ぶりの時代劇なんだそうです

どっちも観たけどそんなになるのね~でも久しぶりな感じがしないけどな^^;

♦パク・シフさん  チェ・チョンジュン役

朝鮮最高の易術師であり観相師の名門家の出身ですが

転落して下級占い師となりますが、再び朝鮮最高権力の頂点にのし上がる人物


コ・ソンヒさん ボンリョン役

李氏朝鮮の第25代国王哲宗と巫女との間に生まれた娘で

美貌と神秘的な霊能力を持っている


チョン・グァンリョルさん イ・ハウン役

王の運命を持って生まれた興宣大院君

すべてを見通す能力のある王族で強い権力欲を持っている人物

チョンジュンに王にふさわしいのは次男であると予言される・・・

♦ ソン・ヒョクさん チェ・インギュ役

チョンジュンの友人だったが父の仇と思うようになり悪意に満ちた人物となる

若い頃崖から落ちかけたチョンジュンを見殺しにしようとした

チョンジュンを助けたのがボンリョンでこの時二人に縁ができたのです^^

インギュが病気の時ボンリョンに介抱されて自分のものにしたくなってしまう

ますますチョンジュンをどうにかしたくなる^^;

チョンジュンの父も殺してしまった・・・・

めっちゃ悪役です 顔が怖~い^^;





感想など

チョンジュンがインギュに死ぬやろって思うくらいひどい拷問受けたのに

あっという間に回復してたのには驚いた! (笑)

弱く命が短いという王様をしり目にどんな権力抗争が行われていくのかな

久しぶりに見る時代劇楽しみです^^

ボンリョンは霊的な能力が有るゆえに

権力者はそれを利用しようとしてボンリョンの記憶を消してしまう

そんな事が2度もあるなんてね

つど救い出すチョンジュンなんだけどね

忘れられていて切ないね

やられてもまた力を盛り返すチョンジュン!

後半どんな反撃にでるのか楽しみです^^

やられても死なないチョンジュン! ^^;

仲間たちとハッピーエンドで良かったわ



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村





“韓国ドラマ「風と雲と雨」視聴開始” への1件の返信

コメントは受け付けていません。