抗がん剤治療の3回目投与が出来なかった・・・

心配だった血液検査はクリアーできたのに・・・




3回目の抗がん剤治療ができるかまず婦人科の先生の診察を受けます

前日の採血では、肝臓の数値も前回より回復していて

ちょっとホッとしました

3回が終わった所でCTの日程も決まり

2階にあるオンコロジーセンターへ行ったのです

入り口の血圧測定器でまたも高い数値^^;

血圧が高くなるのは毎度の事^^;

血圧は暫くすると落ち着いてくるのですが

心拍が30分安静にしていても高数値のまま

主治医に連絡されて又3階の婦人科へ

婦人科から心電図を撮りに行くよう言われ又2階へ

心拍数は多いけど不整脈とかではないみたい

高数値が持続する感じ

無理しての投与はよくないと今回は一旦見送りに

3回はしておきたいと先生、1週間先の予定に

その前に循環器内科の診察を受けないといけないの・・・



🥰後日、血液検査とレントゲン撮って、心臓に問題はないという事でホッとしました^^ やっぱり抗がん剤の副作用が抜けきらなかったようです。

「脈が速かったのは身体からのサイン」だったのではないかという先生のお話でした。まだ3回目の抗がん剤に耐えられる状態ではないと教えてくれたのかもしれないです^^



不整脈とは ?

脈のリズムが一瞬でも乱れたもの全てをさします

緊張や不安、運動後に脈が速くなるのは自然な事で、しばらくして収まれば心配はないようです。健康な人でも起こるのです。

・頻脈性不整脈(頻脈)

脈拍 健康な成人の場合1分間に60~100回程度

安静時でも脈拍数が100回以上ある場合は「頻脈」と診断されます

140回くらいあると危険な状態と考えられるそうです

脈拍が速くなると、心臓が血液を効率的に送りだすことが出来なくなるため、心臓から全身に血液が送れなくなってしまいます。失神や心停止発作に至る事も・・・

予防法はストレスを溜めない、睡眠不足にならないだそうです

私の場合2回目の副作用が強くて体調不良になったから、抗がん剤へのストレスだったのかな~ ?




1回目はそれほどしんどくなかったけど

2回目は回復が遅い気はしてた

長く動いたり坂や階段は動悸がしてしばらく治まらないこともあるしね

動かないと変化は無し


赤血球やヘモグロビンの数値が低いから貧血じゃないのかな~ ?

抗がん剤の副作用がきつくなっている状態のような気がします・・・

抗がん剤当日の朝の旦那と私の会話

「2年前は2回目の抗がん剤の後でも電車に乗ってあんたの病院に行けてたのに、今回はちょっとの距離も動くとしんどい」

と言うと

「気のせいちゃうか」と言う

二人揃ってがん治療の時期だし旦那は大きな手術だから

気が張って動けたとも考えられるけどね

「2年で老化が進んでるわ」と笑っていたけど

気のせいではなかったみたい^^;

ほんと今回はあまり動けないもん

2年前の身体とは違って来てるのかも・・・

抗がん剤投与無かったのに、投与前に飲む吐き気止めとアレルギーの薬は飲んじまったよ^^;又飲んだ分だけ処方箋書いてもらって病院の前の薬局で買う羽目に、トホホな1日でした

入院の時左手での投与が上手くいかなくて2か所に青たんが^^;


右手で2回続けたからか ? 後に腫れてしこりが出来たりして^^;


オンコロジーで左手の血管を機械みたいなので調べてくれたの

そしたら左手に良い血管がないそうです・・・^^;

又次も右手ですわ・・・トイレの時不便です^^;


無事に3回目終える事が出来るかな~ ?



外来で3回目の抗がん剤投与を受けてきました

3回目投与出来ました^^




にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへ
にほんブログ村



“抗がん剤治療の3回目投与が出来なかった・・・” への2件の返信

コメントは受け付けていません。