愛犬に骨肉腫との判定が下されました

      2019/05/04

昨日病理検査の結果が出ました

 

診断名 骨肉腫

 

骨芽細胞に由来する悪性腫瘍で転移性の高い腫瘍です

 

判定は黒と下されてしまいましたが

足の腫れ以外変化もなく元気です

痛そうにしている時は早く断脚しなきゃと思ったけどね

 

検査手術の後肉球から水分が出て来ていてジュクジュクしてたけど

今は乾燥して痛々しさはないの

だから今は出来そうもないかも

 

尻尾ブンブン 病気にはみえないでしょ

 

切った所で伸びる寿命はほんの少しかもしれないし

やっぱり痛みを抑える緩和治療していこうかな

現地点ではそういう考えでいます

Sponsored Link

 

犬の抗がん剤

 

私が子宮頸がんで使った抗がん剤と同じカルボプラチンですって

人間と同じものなんですってビックリしたわ^^;

犬用ってないのね

 

割安な抗がん剤と高いのがあるそうです^^;

 

安いのがシスプラチンだったかな

吐き気も強くなるし腎障害が起こるから点滴に時間もかかるそうです

カルボプラチンなら点滴も半分の時間で済むそうです

 

吐き気止めもいいのがあるって先生

知ってるわ~(笑)

ほんといい薬あるの! これも私、経験済み

1回目吐きまくったけど、2回目薬替えて貰ったらまったく吐き気しなくなったもの

 

抗がん剤は断脚した後からでないと意味がないそうなので

だから今は痛みどめの薬だけ

 

放射線治療もあるらしいけどしてくれる所が青森とか三重とかで遠い所しかないそうです

近くであっても治療費100万円かかるとか ひぇ~>_<

絶対無理です^^;

 

検査だけでも諭吉さんが何人も消えちゃいました・・・>_<

 

チワワちゃんの足に腫瘍が出来て飼い主さん断脚されずにいて亡くなったとか

腫瘍もグレープフルーツくらいの大きさになっていたとか

栄養が腫瘍にみんな吸い取られていたようです

転移のない腫瘍だったから足1本で命は救われたかもしれないって

なんかね考えさせられるお話でした

 

 

検査で少し切開したから3針ほど縫ったらしいけど糸が無いの

1回朝起きたら服脱げてたから多分自分で抜糸したかも

まぁそのままでも先生いいって 抜糸に行かなくて済んだわ^^;

 

わんこ達のベットは布団収納袋に姑が使っていた敷き布団が入っています^^;

自分たちが使うにはちょっとねだけど

わん達なら平気でしょ^^; フカフカで寝心地よさげですよ

この子最初は近寄らなかったけど私が使っていたプーさんの毛布敷いてあげたら

クンクンしてから使うようになったんですよ なんか嬉しい^^

 

命ある限り美味しい物あげて娘犬やちびワンと今まで通りに過ごしていきます

 

口の中にがんが出来た子もいました

やはり手術すると食べられなくなるのでしませんでした

スプーンでご飯食べさせたり注射器の大きいような物で水のませたりしました

 

食べている間は心配ありません

食べなくなるとお別れは近くなります

身体の中に何も溜めておかないためかもしれません

排泄もしてすっきりして旅立ちます

何頭も看取ってきました・・・・

 

追記

 

2019年4月28日 虹の橋を渡りました

診察受けてから3か月ほどでしょうか 、早かったです

本当は去年の10月頃から兆候はあったのです

びっこひいて足を痛そうにしていたので先生に相談して

鎮痛剤貰って様子見ていて治った感じだったのです

治っておらず病気は進行していたのです・・・

 

腫瘍は大きく成長続けていました

亡くなる2日前には痛みも酷くなってきたようです

それまでそんなに泣かなかったのに鼻を鳴らしていましたから

撫でてあげると安心するのかピーピーは言わなくなりました

骨肉腫は痛いそうですやはり切った方がよかったのか ?

二者選択は難しかったです・・・

 

早朝看取ることが出来たのでそれだけが救いかもしれません

 






その他記事一覧

 - 日記, 犬(闘病記)