抗がん剤(パクリタキセル、カルボプラチン)と便秘と迷走神経反射

2年前のTC療法の時「便秘には気を付けないといけない」と学習したので

今回は気を付けていたのですが・・・



迷走神経反射



2年前の抗がん剤の時、便秘になり便がコロコロに硬くなって

排便の時いきんでしまった事が原因でトイレで血の気が引いて

冷や汗がでて、最悪な気分になったのです


後で調べてみたら「迷走神経反射」であるとわかりました


迷走神経(めいそうしんけい)とは、感覚神経・運動神経の一つである。

延髄から出ており、嚥下運動や声帯の運動、耳介後方の感覚などに関係する。

脳神経でありながら、体内で多数枝分れして複雑な経路をとり、

胸腔内から腹腔内にまで広く分布している。

迷走神経は、内臓(胃、小腸、大腸や心臓、血管など)に多く分布し、

体内の環境をコントロールしている。

刺激すると徐脈、咳、嘔吐などを生じる。

強い痛みや精神的ショックなどが原因で、迷走神経が過剰に反応すると、

心拍数や血圧の低下、失神などを引き起こす(迷走神経反射)。


排便失神は中・高年齢の女性に多く発症し、

排便時の“いきみ”に伴った静脈還流の減少

腸管の運動に伴った迷走神経反射が主な原因となります。



幸いその時は失神には至らずよかったです^^;

トイレに気分が悪くなったらナースコールしましょうと張り紙があるのもこんな事が起こるからなのでしょうね






今回以前の事があるので抗がん剤後は便秘には気を配り

早い目からマグネシウムを頂いて服用していました

おかげで以前ほど硬くはならなくて

1回目はそんなにいきまなかったのですが

2回目のトイレの後、給湯中に気分が悪くなって

立っていられなくなり倒れる ? と思いナースコールしちゃいました^^;

車いすで部屋まで送ってくれると言って貰ったのですが

トイレに行きたくなって自力でトイレへ^^;

その時血圧測って貰ったらびっくりするくらい低くなっていました

その日は4回ほどトイレに行き、昼ごはんも食べられない状態に

お腹に溜まってたものがすべて出た後は普通に戻りました^^;


病棟の担当の若い先生が「どんなけきばったん ? 」って言われて

「そんなにきばってなかったです」と答えましたよ^^;


病気するまで便秘とは縁がなかったから

私の腸管は敏感に反応してしまったのかな ? なんて思いますが

血圧低下で失神寸前になるなんてほんと怖かったです

これからも気をつけないといけないです^^;



家でゴロゴロしていると私の足に止まりに来るゴルです^^

あごのせてじっとしているんです^^;

かまって欲しいのかな~ ? 意味不明な行為です^^;



抗がん剤から今日で16日目

脱毛が始まってきました・・・😭

あーあー又、帽子生活です


にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへ
にほんブログ村




“抗がん剤(パクリタキセル、カルボプラチン)と便秘と迷走神経反射” への2件の返信

コメントは受け付けていません。