子宮頸がんが発覚して今日で丸5年を迎えました

お盆休みもあってか開いている病院がなくて焦っていた事思い出します




5年目の今日は全国的に大雨が長く続いている状態・・・

夜中に雨脚が強くなって目が覚めました


朝からチビワンが唸っている

何怒っているんだ ? と見てみたら


こんなのと戦っていた😲

たぶんヤスデだと思います、ムカデでるほど田舎ではないので^^;

雨が多くて家に侵入してきたんでしょうね

ティッシュで捕まえました

前はちっちゃなクモと戦っていたし虫に敵対心持つタイプです^^;







子宮頸がんⅢbの5年生存率って60%くらいなのかな~ ?

5年は生き延びれましたね^^


今は再々発 ? の抗がん剤治療を控えている身でありますが

身体には何の変化も感じていません

本当に再発しているの ?

入院なのって感じです^^;


2年前も身体への異常などは感じられなかった

SCC(扁平上皮癌の腫瘍マーカー)が上昇していた事で発覚

今回は半年ごとの造影CTで発覚

初発の治療後は再発の早期発見、早期治療が大切だから

定期検診やCT検査は必要なのだと改めて知らされました



でも普段通りに生活出来ているのに、身体に負担のかかる抗がん剤治療しないといけないの ? なんて思ってみたり、結構複雑な心境ではあります



再発の抗がん剤治療は初発と同じ、パクリタキセルとカルボプラチン

2年前も今回も+アバスチンと言われました


アバスチンは

血管新生を抑えたり、腫瘍の増殖や転移を抑えたりする作用を持つ

分子標的治療薬の一つで、がん細胞を直接殺す役割はないそうです



副作用に消化管に穴が開くこともあるようです

初発で下腹部に放射線当てているのでリスクは高い気がして

担当医に伝えてアバスチンはしないことにしています

先生も強引に勧めたりはされません

アバスチン使ったとしても延ばせる寿命は3~4か月らしいです

だったら使わない方が楽なような気がします

その選択が間違いか正解かはわかりませんけどね^^;



入院まで結構日にちがありますから

家の片づけとか冷蔵庫の掃除とかして過ごしています^^


死はいつか来るものではなくいつでも来るものなの。- 樹木希林 -


ほんとそうだと思います

今はコロナに感染しても、ワクチン打っても命に関わるし

天候による災害も多いし、車が突然突っ込んでくることもあるし

姑だって風呂場で突然亡くなったし・・・



身の回りはいつでも整理整頓しておかないといけませんね^^



さて今回はどんな入院生活になるんだろうな~ ?

面会もできないから静かに過ごせるかな

只今入院準備中^^

病院食は薄味ですから必須塩味なんです^^;

ご飯食べて体力維持です!

脂肪の蓄えはあるので心配ないかな~^^;

今回の副作用も軽く済むといいけど2歳年取りましたから

どうなりますやらね・・・^^;


入院までの2週間、体調管理として朝夕の検温が必須です

コロナに感染したり、濃厚接触者になれば治療の延期の可能性があるようです

引きこもりですから心配ないと思いますけどね~^^



関連記事⇓

子宮頸がんⅢb再発転移の抗がん剤治療開始

初の外来での抗がん剤治療受けてきました

2回目の外来での抗がん剤投与受けてきました


この時はSCCの上昇があったから血液検査で下がっている事すぐに確認できたけど、今回はCT撮ってからでないと確認のしようがないのよね・・・





にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへ
にほんブログ村