がん患者の10年後生存率が発表されました

   

国立がん研究センターが、がんと診断された患者さんの10年後の生存率は、

58.3%と2020年11月19日に発表されました。

前回の調査より1.1%上昇したそうです。

 

がん罹患、10年後の生存率

 

前回の集計2003年~2006年

今回発表は2004年~2007年で

1.1ポイントの上昇があったそうです

 

データを取り始めた2000年ごろから、

同じ計算式で比較すると少しずつ向上しています

 

今回はがんの治療を専門とする21施設の

約9万4千人の患者情報を対象にしたそうです。

 

部位別で生存率が目立って低いのは

膵臓がん(6.2%)、肝臓がん(16.1%)、胆のう胆道がん(19.1%)

 

最も高かったのは

前立腺がん(98.8%、乳がん(86.8%)、甲状腺がん(85.7%)

 

千葉県がんセンター研究所がん予防センターの三上春夫部長は、

「どこの医療機関でも標準的な治療が普及し、行われた結果と考えられる。

現在がんにかかっている患者は、さらに改善していると思われる」

と仰られています。

 

♦すい臓がん

2010年くらいまでは罹患率と死亡率はほぼ同じだったそうです・・・

 

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」がすい臓がん治療を

革命的に変えると週刊誌に載っていました

 

2020年4月からすい臓がんに「ダ・ヴィンチ」が保険適用になったそうです

 

すい臓はお腹の最深部にあり、その周辺には門脈や大動脈、

肝動脈といった重要な血管が張り巡らされています

 

優秀な外科医でも手ぶれが生じるそうですが

「ダ・ヴィンチ」にはそれがなくミリ単位の調節が可能となり

はるかに精密で正確な手術ができるのですね

 

すい臓がんに効く抗がん剤も開発されたようですし

生存率だって徐々に上昇していくことでしょうね^^

 

でも「ダ・ヴィンチ」は3憶円くらいするそうですから

どこの病院にでもあるとは限りませんね^^;




子宮頸がんと子宮体がん

 

子宮頸がん

5年生存率  2010年~2012年 75.7%

10年生存率  2004年~2007年 68.7%

 

子宮体がん(子宮内膜がん)

5年生存率  2010年~2012年 86.3%

10年生存率  2004年~2007年 81.6%

 

sakura

私が子宮頸がん発覚したのは2016年8月

来年の夏過ぎれば5年生存していた事になるんですね^^

旦那の舌癌なんて主ながんに含まれてなくて統計もないのかしら^^;

 

 






その他記事一覧

 - ニュース, 癌(子宮頸がん、他)