がん患者体験全国調査の医療の評価、10点満点で平均7.9点という結果に

   

2020年10月14日に国立がん研究センターで行われていた

がん患者の診療体験や療養生活の実態を把握するための

全国調査の結果が発表されました。

この調査は2014年度に続いて2回目だそうです。

国のがん対策推進基本計画に基づき

がん対策の進行状況を評価するための基本的なデータとして

現状を把握し、今後のがん対策への反映に役立てるのがねらい




調査

 

2019年1月~7月に実施

 

都道府県がん診療連携拠点病院をはじめ全国の院内がん登録実施施設の中から

抽出された166病院、2万人余りに調査票を送付。

9000人近くから回答があり、7080人を解析の対象とした。

うち、希少がん患者、若年(19~39歳)がん患者を、

それぞれ1割程度含む。結果は院内がん登録のデータを母集団に補正されたもの

 

初診から診断・治療開始までにかかった時間、

治療開始までに十分な情報があったか、

医師・スタッフから必要事項の説明があったか、

経済的な負担の程度、治療の見通しが持てたか、

就労継続への相談・サポートの有無、

相談支援センター・ピアサポートや周囲との関係――などについての設問があり

 

がんの診断、治療全般について総合的に0~10で評価すると何点ですか ?

0点が考えられる最低の医療

10点が考えられる最高の医療とします

平均7.9点という結果がでたそうです

 

受けた医療の総合的評価

・納得の治療選択ができた人 79.0%

・専門的な医療を受けられたと思う人 78.7%

・これまで受けた治療に納得している人 77.3%

8割近くの方が肯定的な答えだったそうです

 

「セカンドオピニオン」(治療法の選択にあたって別の医師の意見を聞く)について

治療前に担当医師から話があった人は34.9%

実際にセカンドオピニオンを受けた人は19.5%でした

 

「妊孕(にんよう)性への影響」(妊娠、出産など)に関して医師から説明があった

40歳未満の男女は52.0%、

治療開始前に実際に温存の処置を行った人は8.9%でした

 

診断時に収入のある仕事をしていた人に対して、

治療開始前に就労の継続について

医療スタッフから話があった人は39.5%でした

 

んな調査が行われているのですね

返答する人は半分以下なんですね

返答の無い方たちは返答が出来ない状態なのかな・・・

順調に回復された方ばかりでしたら評価も上がりますね^^;

 

私は今の所いい方向に向いている事もあって

病院や治療には良い点をつけられそうです^^

近所の婦人科で良い病院を紹介して貰えたとありがたかったです

 

旦那の大学病院はなんかいまいちなのよね^^;

どうも医者の言葉の意味が理解できなかったりします

先月の診察の際に「胃カメラでもしますか」と言われたそうです

何のためにするのかの説明が不足している気もしますし

ここの病院でなくても他ででもいいですよだって ? どういう意味 ?

だから本人はしたくないと思うのです^^;

 

所が違う病院の糖尿の内科医が唐突に舌癌は食道や胃などに転移とか多いから

胃カメラはした方がいいですよと言ってくれたそうです

そんな風に言われたらすんなり受け入れられますよね^^

 

今月の診察の時に胃カメラしますと言ったそうです

そしたら消化器内科に自分で予約に行って下さいと言われ

行ったそうです

胃カメラ受けるにはまず診察してからの予約で

その診察に患者が多くて予約外だし時間がかかるみたいで

イラチの旦那は待ってられず予約しないで退散・・・^^;

 

ここでなくてもよそで胃カメラしてもいいという意味が分かった次第です^^;

ちゃんと教えてくれればいいのにね

 

舌癌の手術から1年が過ぎ

MRIの結果も問題なく本人の不具合もなく(多分)

次回からは2か月ごとの診察になるようです^^

手術は上手くいっているようですから良しとしましょうか^^

 






 

 

 

 

その他記事一覧

 - ニュース, 癌(子宮頸がん、他)