1年前の今頃

      2020/08/20

1年前の8月は私の子宮頸がんの再発治療と旦那の病気が重なり大変な時期でした。

1年後は何事もなくと言いたいけれど加齢には勝てていません^^;




 

2019年8月

私は子宮頸がんの再発遠隔転移の抗がん剤治療開始で6日から2週間程の入院生活

9月2日と9月30日に外来での抗がん剤投与でした

 

子宮頸がんが発覚したのは2016年のやっぱり8月で

病院はお盆休みで開いている所探したものです^^;

 

旦那は9月の中頃に舌癌の手術を控えている身で最悪の日々を過ごしていました^^;

 

2019年2月頃くらいから舌の違和感があって病院で検査してたけど

がん細胞は見つからず様子見していたら夏頃には痛みが増して来て

手術までの1か月間で食べられなくなり10キロくらい体重減

バナナジュースや介護食や栄養ゼリーなどでしのぐ状態

「早く切ってくれ~」とまでになっていました

待機時間が長すぎましたね>_<

 

放置はやはりよくありませんね

 

それでも私の病院への送迎はしてくれていました^^

9月2日に2回目の抗がん剤

担当医が旦那さんと同じ病院で治療されますか ?

と聞いてくれたりしましたけど

やっぱり最初から診てもらっている所の方が安心できるのでそのままに

 

それから2週間後に旦那の手術

舌癌ステージⅣでしたから(堀ちえみさんと同じかな)

亜全摘出(舌の右半分強くらいの摘出かな ?)

舌の再建(お腹の肉を利用、血管と共に移植)

リンパ郭清手術(右耳の下あたりがこぶのようになっていました、

今は小さくなってきています)

 

10時間を要する手術でした

 

怖いのでいまだに口の中を見たことないんです^^;

 

朝一番から終わったのが夜の7時50分頃

待合室には二人しか残っていませんでした

本読んだりテレビ見たりおにぎり食べたりして終わるの待っていました^^;

 




 

終わってから先生と面談

切り取った舌がガーゼ ? に包まれて目の前に・・・

見ますか ? と言われたけどお断りしました^^;

結構でかくてこんなものがよく口の中にあったなって印象です

(ショートケーキくらいあったかも?)

 

ICUに入れられて暫く監視状態

動くと再建した舌の血管が繋がらなくなるので眠らされていました

血が通わないと壊死しますから一番大事な時期です

再建と言っても残った舌にお肉を縫い付けるのではなくて

切り取った部分がえぐれるのでそこを埋める感じかな

土台を作る感じかな ?

見てないからよくわかんないけど^^;

 

2日後ナースステーションの前の個室に移動

歩行練習開始

 

食べられませんから鼻から栄養チューブ

気管切開して人工呼吸器で声が出せないから筆談

1週間後には声の出る呼吸器に変えて貰えて

すぐに電話してきてたな^^;

 

舌の痛みは無くなったけどお肉取ったお腹が痛かったみたい

 

呑み込みの練習したりして手術から20日後くらいに退院

結構順調な回復でした

その後は月に1度の診察を受け

今の所問題なしで過ごしています

ステージⅣですからこれから先にどうなるかはわかりません

健診だけは怠らずにしないといけませんね

 

先日術後初の整形(再建)の診察を受けましたが順調だと言って貰えたようです

人によっては食べられなくなったりするようです

旦那よく何でも食べてます^^

 

今だから言えますが

去年は心身ともに結構ハードな夏を過ごしていたんです^^;

今年はのんびりな夏を過ごせるかな^^

 

私、7月の初め頃から60肩(そんなのがあるか知らんけど^^;)で

腕動かした拍子に肩に激痛が走ることもあったりして

毎日湿布貼っています。

気を付けて腕を動かせば問題はないけど

寝ている時や先日はくしゃみの勢いで^^;痛みが走りました>_<

着替えるのが一苦労

少しずつましにはなっている気はしますけどまだ時間がかかりそうです

 

原因はきっと押し入れの天袋の片づけをしたからかなって思います

ちょっと張り切りすぎたのかもです^^;

まったく無理がききません・・・

 






その他記事一覧

 - 子宮頸がん再発, 日記, 癌(子宮頸がん、他)