韓国映画にもなった未解決の連続殺人犯の容疑者が33年ぶりに浮上

      2019/10/20

NETFLIXで配信されている韓国映画「殺人の追憶」は

33年ほど前に韓国の農村で起こった女性10人連続殺人事件を題材にしたサスペンスです

その容疑者は25年前に別の殺人で捕まり無期懲役で刑務所にいたようです

 

 

殺人の追憶

 

 

ソン・ガンホさん(左)とキム・サンギョンさん(右)

が刑事役です

 

ポスターにも「犯人はまだ捕まっていない」と出ていますね

 

16年前の映画だから容疑者として浮上した男は刑務所の中にいたから

映画は観てないよね ? ^^;

 

キム・サンギョンさんは2008年の

韓国ドラマ「大王世宗(テワンセジョン)」で王様の役で初めて知った方です

最近では今年の初めにヨ・ジングンさん主演の「王になった男」で

都承旨という重要な役されていました^^
 
 

Sponsored Link

 
 

女性10人殺害の韓国未解決事件、容疑者は「1級模範囚」

 

ソウル近郊の華城(ファソン)の農村で1986~91年に女性10人が犠牲となった連続殺人事件の容疑者が浮上した。

日本でも公開された韓国映画「殺人の追憶」(2003年、ポン・ジュノ監督)の題材となった

韓国最大の未解決事件で韓国警察が今月19日捜査の進展を発表して注目を集めている。

 

韓国メディアの報道によると、容疑者は94年に妻の妹を殺害したとして無期懲役が確定し

95年から釜山(プサン)刑務所で服役中の50歳代の男だ。

 

華城の連続殺人では、10~70歳代の女性10人が5年足らずの間に次々と殺害された。

警察は当時、のべ200万人以上の捜査員を投入し捜査対象者は約2万人に上った。

 

2006年に最後の事件が公訴時効を迎えた後も未解決捜査班が捜査を継続していた。

 

今年7月、新技術を使ったDNA型鑑定を行った結果10件のうち3件で

女性の下着など現場の遺留物から採取されたDNAが男の型と一致した。

 

男は警察の聴取に対し、犯行を否定しているという。釜山刑務所で男は、

規律を破ったことが一度もない物静かな「1級模範囚」だとされ

韓国メディアは「刑務官やほかの受刑者が驚いた」(聯合ニュース)と報じている

 

映画の中では事件が起こった33年ほど前の韓国では

確実な物証があったけど設備がなくてDNA鑑定が出来なくて

アメリカに送って鑑定して貰っていたとありました

 

もし事件起こさずにいたら未解決のままだったかもしれないですね

又事件を起こし

捜査も継続されていたから特定が出来た事は良かったかもしれませんね

 

追記

 

その後男は殺人14件、性的暴行30件強の犯行を自供したそうです

残念ながら時効が成立していて犯行が立証されても罪に問えないんだとか・・・

それでも事件の真相解明にはなるのでしょうね

 

 






その他記事一覧

 - NETFLIX, ニュース, 事件, 韓国映画