暑くなる前に疲れない身体作りを始めましょう

   

夏バテは老化を加速させてしまうそうです・・・

夏バテしないような身体作り問題が起こってしまう前に

今から準備していきましょう

どんな身体のケアと食事のケアが必要でしょうか ?

 

 

Sponsored Link

 
 

伊藤史子医師と木村容子医師のお話です

 

身体のケア

 

気温や湿度などの環境ストレスは身体にとって良くないものです

ストレスを減らす工夫が必要かもしれません

 

梅雨時の冷え対策

梅雨時には湿度が高くなり、梅雨寒という気温の変化がありますので

冷えないように気をつけて過ごすことは夏に向けてとても大切な事なのです

 

関連リンク↓↓↓

梅雨の不調を吹き飛ばす方法

 

 

汗をかくクセをつける

汗をかけないと身体の中の熱を放出することができず

体内にこもってしまい、のぼせや自律神経の乱れをうんでしまいます

 

軽い運動(一駅歩く、階段を使うなど)をしたりして

ぬるめの湯船にゆっくり浸かり身体を温めてあげて

寒熱のアンバランスを調整するようにします
 

 

Sponsored Link

 

 

食事でケア

 

夏痩せも夏太りどちらも栄養不足と考えられて注意が必要です

 

夏痩せは消化器系の機能の低下

食欲がなくて冷たい物や水分など多く摂り過ぎるせいなので

スパイスを使った料理や食前酒などで

胃腸を刺激して食欲を高める工夫を取り入れましょう

 

食べていないのに夏太りするのは汗と一緒に

ビタミンB群やCなどの水溶性のビタミンが流れ出てしまい

ビタミンが不足となり代謝も低下していると考えられます

 

冷たい食べ物や飲み物は胃腸周辺の血管を冷やすので

筋肉が収縮して消化吸収力が落ちてしまいますので

太い血管がある首回りや太ももの付け根

頭など外から冷やすほうが効果的のようです

 

汗と一緒にミネラルも流れ出てしまうので

ミネラルが入った天然塩や味噌汁など摂ることで夏バテ対策になるようです

 

たんぱく質を意識的に多く摂る

日焼けで傷ついた皮膚の細胞の修復も使われるので夏は特に不足しがちになります

筋力が減って代謝力が落ちるので食欲がない時は少しずつこまめに摂るようにしましょう

 

関連リンク↓↓↓

夏場に重要たんぱく質の摂取

 

汗をかいた後の水分補給ではカフェイン飲料は控えた方が良いのです

発汗は交感神経が優位な状態なのでさらに交感神経を高めてしまうので

自律神経の乱れを引き起こしてしまうからです

スポーツドリンクは糖分が多いので血糖値をあげてしまいまたすぐに喉が渇いてしまいます

 

朝起きた時と寝る前にコップ1杯の水を飲む習慣を

睡眠中に水分が不足すると胃酸が減って栄養吸収力が阻害されてしまいます

寝起きに口がネバネバしていたら要注意

脱水は脳梗塞の原因にもなります

 

糖分の多いアイスクリームや清涼飲料水を摂ると

糖質をエネルギーに変えるために大量のビタミンB1が消費されて

ビタミン不足にも繋がります

 

汗をかいて! 甘いもの、冷たい物控えて! ゆっくりと湯船に浸からないとですね

どれも簡単そうで難しいな・・・^^;

 

暑いと思ったら又気温低下で肌寒い日が続いていますね

身体を冷やさないように気をつけないといけませんね

 

 

 







 

その他記事一覧

 - 健康