新型コロナで困っている方への様々な支援と受け取り方法

新型コロナで収入が減少して困っている人はどうすればよい ?

国から様々な支援があるのですが広く認知されていないようです

どんなものがあるのかを知って自ら申請をしなければいけません

中居正弘のニュースな会より


東京都が行った調査によると

都民の33%が「生活が苦しくなった」と回答されているのです

新型コロナの影響で1人当たりの給与額が

リーマンショック以来の下げ幅になったという報告も

深刻なのがパートやアルバイトで働く非正規雇用者の状況で

中でも女性の非正規雇用者の状況が厳しく

仕事が半分以下に減っても休業手当てが支払われない方が

全国で90万に上ると言う推計もあるようです


生活苦の方々を救済する支援策は ?



野村総合研究所 上級コンサルタント

武田佳奈さんのお話です

まずは勤め先から休業手当を受け取ることがベストだそうです

非正規労働者でもパートでシフトが減っている方でも

休業手当の受け取りは可能で

国も企業へ休業手当の支給をお願いしているそうです

しかし休業手当が受け取れていない方も多くいるのです

そういった方を対象に「休業支援給付金」制度があります


予算5442億円のうち使用されたのは約701億円で

全体の13%しか使われていないようです(2021年2月4日時点)

休業支援給付金


・対象者

中小企業、大企業(非正規雇用)で働く人

パート、アルバイト、契約社員なども可

・条件

コロナの影響で休業、短時間勤務、シフト日数減も含めて

休業手当を企業から貰っていない人

受け取れる金額

休業前の賃金の8割(1日上限1万1000円)

申請するには

身分証明書や給与明細などの書類の提出が必要


休業前および休業中の勤務状況を確認できる

給与明細や賃金台帳の写しなどが必要

入手できない場合

・1週間の勤務日数やシフト

・1か月に4日以上の勤務が半年以上

が確認出来るもので申請できるケースもあるようです

例 シフト表の写真、カレンダーアプリの画面の写真

シフト調整に使ったグループのLINEの記録など



詳しくは厚労省HPやコールセンターへ

問い合わせてみる事が大切ですね

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付コールセンター

電話番号 0120-221-276 (全国)

受付 平日 午前8時半~午後8時まで

土・日・祝 午前8時半~午後5時15分まで

生活に直結する支援


・公共料金の支払い猶予

新型コロナの影響で生活が困窮された方が相談すれば

東京都では水道料金を最長1年間支払いを待ってもらえる

sakura

市町村によって違った様々な支援があるかもしれないので

広報を読んだり問い合わせたり自ら動かないといけませんよね

わが市では水道の2か月分の基本料金の2千円程を免除してくれるようです^^;

去年1回と今年1回です 


電気やガス料金もそういう制度があるので

問い合わせしてみてください


固定電話、携帯電話の支払いの猶予も可能

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなど

去年12月末日以降の料金について

期日までに申し出すれば支払い期限の延長を

してくれる取り組みもあるのですね


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村