今日で1年が経ちました

      2020/09/30

旦那が舌癌の手術を受けたのが丁度1年前の今日でした。

ステージ4で舌亜全摘出、再建術でした。

私は子宮頸がんの再発治療中で2回目の抗がん剤から16日目の事でした。

次の抗がん剤までの数日間は1日置きくらいに一人電車に乗って

旦那の病院に通っていました。

私は最近治療中より調子が悪いです^^;

50肩のせいかな~ ?

老化に加え治療の身体への負担が出てきているのかな ?

 




 

口内炎と舌癌の見分け方

 

口腔がんの患者数は年間で約1万人

舌 ほっぺた あごの骨 唇などがあります

歯にはがんは出来ないそうです

 

舌癌は口内炎から始まり場合によって悪性に変わってしまうのです

 

口内炎は中央が凹くぼんでいる 2週間ほどで治る

 

前がん状態は中央が膨らんでいる 症状が長引く

前がん状態で見つかれば簡単な切除で済むのですね

おかしいと思ったら専門医に早く見てもらう事が大事ですね!

 

がん化が進むと

できものの周りが硬くなり隆起するので(クレーターみたい)

真ん中がへこんだようになってくるのです

がん細胞ができると正常な周りの組織ががんを広げまいと硬くなり堰き止めようとします

そのためにがんの周りの部分が隆起するんだそうです

 

舌癌は赤と白

白っぽい形を作るがん 長期間刺激が加わると表面が厚くなり白くなる 硬く感じる

表面が薄くなり赤く見えるがん 舌の左右で比べて色の違いを確認

 

旦那のがんは白いものでした

歯が舌に当たっていた刺激が原因かも ?

堀ちえみさんも白い小さな口内炎のようなものから始まったそうです

 

舌癌は進行が早く

1か月で米粒大の腫瘍が豆粒大になることもあって

痛みもどんどん強くなり

がん細胞が舌の内部で増殖して舌が厚くなってきて

寝ている時も激痛に襲われ出血、異臭も発するようになるのです

 

切り取った舌は大きいなって印象でした

こんなのが口の中にあったの!?ってビックリしました・・・

舌というよりがん細胞の塊だったんですね・・・

 

堀ちえみさんも8か月ほど口内炎だと思い、又歯医者もがんとは疑わず

放置していてステージ4となったそうです
 
 




 
 

旦那の場合は一応大学病院で2回検査を受けたのですが

がん細胞が見つから無かったことと

知り合いからそこの病院はちゃんと診れないと聞かされてしまったことで

対処が遅れてしまったのです

やっぱり8か月ほどでした

年の初め頃に引いた風邪から気になりだして

夏ごろには痛みなどの症状はピークでしたから

 

時間が経つごとに痛みは酷くなり、出血もありました

夜中に痛み止めを飲んだりしていました

手術までの期間が結構あって

痛いくて食べられないし、うまく喋ることも出来なくなってきていました

何より体重が10キロも減ってしまって手術に耐えられるのかと思ったくらいです

 

10時間ほどに及ぶ手術の後の回復は早かったです

 

今は月に1回診察を受けています

ステージ4ではやはり再発のリスクが高いそうです

 

毎回鼻からカメラを入れられるようですよ・・・痛いそうです^^;

 

MRI検査も数回行っています

先日は形成外科の診察受けて問題ないと言われたようです

人によっては食べられなくなったりするそうです

食べにくそうですが旦那は良く食べてます^^

 

主治医に次胃カメラでもしますか ? と聞かれたそうな

ここの病院が嫌なら違う所でもいいですよって

どういう意味なのか ? 胃カメラ下手なの ?

手術前には他に転移がないかしたようですが

やっぱりいまいちな病院なのかしらね^^;

 

以前がん細胞が見つからない時胃カメラ勧められて拒否ったからかな ?

よくわかりません^^;

 

追記

本人は胃カメラをしないつもりでいたようですが

違う病院の糖尿病の主治医が唐突に胃カメラの話をされたそうです

舌癌の再発のリスクは食道や胃が高くなるからした方がいいと

違う病院の先生が親身に心配してくれて胃カメラ受ける気になったようです^^

偶然の後押しに神のお告げかも!?(笑)

にしても手術した先生がこんなリスクがあるから受けた方がいいと言うものではないの

そしたらすんなり受ける気になっていたのにね^^;なんか変^^;

 

夫婦そろって先の不安はいっぱ~~いだけど

なるようにしかならないし淡々と過ごしていくしかないですね^^;

 






その他記事一覧

 - 日記, 癌(子宮頸がん、他)