がんゲノム医療が保険適用になりました

   

変わりつつあるがんの治療

遺伝子レベルで解析を行い有効な治療法を見つけ出すがんゲノム医療

2019年6月にがんゲノム検査が保険適用され

手の届く範囲でがんの最新治療が受けやすくなりました

おはよう朝日からの情報です。

 

今はまだがんを患い標準治療を受けた方だけが

がんゲノム医療の対象者となっています

 

がん遺伝子パネル検査は早期診断にも役立つものなので

ゲノム検査が使われるようになるのかもしれません

 

将来的に薬物で根治を目指せる時代へと繋がっていくかもしれないのです
 
 

Sponsored Link

 
 

がんゲノム医療 11の中核拠点病院

 

北海道大病院 東北大病院 国立がん研究センター東病院

慶応義塾大学病院 東京大学付属病院 名古屋大学付属病院 国立がんセンター中央病院

京都大学付属病院 大阪大学医学付属病院 岡山大学病院 九州大学病院

 

そもそもゲノムとは何 ? がんとの関係は ?

 

がんゲノム医療センター

センター長 阪大医学部 野々村祝夫医師のお話です

関西におけるがんゲノム医療の第一人者だそうです

 

ゲノム = 個人の遺伝子

人間の身体を作るたんぱく質の元の情報がゲノムなのです

 

「ゲノムとがんの関係は ?」

 

がんは加齢や生活習慣によって遺伝子(ゲノム)にキズが蓄積する事で

細胞が悪性化してしまう遺伝子の病気なのです

 

がんゲノム医療はがんの元になる遺伝子の異常を調べて

有効な治療法を探る新しい医療です

 

関連リンク↓

がんゲノム医療とは ?

がんゲノム医療をルール化・保険適用で身近な治療になる日は近い ?

 

今までの治療と何が変わるのか?

 

がんは標準治療である手術、薬物療法、放射線療法が一般的です

 

がんゲノム治療は標準治療を終えた人だけが受けられる

新たな治療法なのです

 

今までの治療はがんの標本から

細胞の性質の元になるたんぱく質を見つけて

それを叩く薬を臨床で使ってきました

 

肺がんの手術標本↓薄くスライスされたものです

白い所ががん組織だそうです

 

がん遺伝子パネル検査

 

6月に保険適用されたがん遺伝子パネル検査

がん細胞を機械に入れて遺伝子を調べます

 

がん遺伝子パネル検査の費用

1回56万円 患者には3割負担で16万8000円となります

健康保険高額療養費制度を利用すれば半額ほどですみますね^^

 

どの遺伝子に異常があるかを機械が見つけてくれるそうです

そこからその異常に効く薬が探せるのですね
 
 

Sponsored Link

 
 
治療の実績

エキスパートパネル 各分野(担当医、がんの専門医、遺伝子の専門家、

遺伝子カウンセラー等)の専門家が参加しての検討会議を開きます

 

大阪大学医学附属病院 がんゲノム医療センター 坂井大介医師

70代の女性の患者さんは胆管がんと診断されました

 

胆管と十二指腸を繋ぐ管に腫瘍ができ治療法を探っていました

遺伝子パネル検査で異常のある遺伝子がわかりました

乳がんや胃がんでよく見られる遺伝子の異常でした

そこで乳がんや胃がんの治療で使う薬を胆管がんに使用したのです

 

部位にとらわれずに遺伝子の異常で使える薬が見つけられるのですね

すでにアメリカではがんの種類を問わず使って良い薬があるとされているようです

 

遺伝子を網羅的に調べると色んな異常が見つかってくるので

部位にとらわれずに治療法を探れるのですね

 

医師にとっても使えるいい薬がないという事ほど悲しい事はないそうです

1つの治療薬だけでなくて他の治療薬候補が分かるようになり

色んな薬の候補が提案できることはありがたい事でもあるそうです

 

大阪大学 先端ゲノム医療学講座 前田大地医師

大阪国際がんセンター 杉本直俊医師のお話です

 

効く薬を見つけられる可能性もあるが

効かない薬も分かってくるので

新たな可能性が見えてくるんだそうです

 

がんゲノム医療の課題

 

・がん遺伝子パネル検査を受けても何の異常も見つからない人の割合が約半分

 

・異常が見つかっても治療に結びつくケースはさらに少なくなってしまうそうです

 

・治療薬が見つかったとしても保険適用外や海外の薬だと高額な医療費が自己負担となってしまいます

 

これからも様々な課題をクリアーして頂いて

病気から解放される方が多くなるようになれば良いですね^^
 
私も解放されたいわ~~^^;

 






その他記事一覧

 - 癌(子宮頸がん、他)