コロナの発症リスクを下げる食品をAIが算出

最近の感染者数には驚きますね・・・

毎日の食事と新型コロナの発症リスクとの関係を調査、

解析した研究が話題を呼んでいるそうです

身を守るためには何を食べるべきか?!

女性自身からの情報です







健康と食は密接に関連していると考えられている

健康科学の分野のアプリ開発で注目されている

IT企業のシグナルトークの代表の栢孝文(かやたかふみ)さんのお話です



15万件に及ぶ食事のデータをAIを用いて解析

新型コロナの発症リスクを左右している可能性がある

食品のリスト化をされました


コロナの発症リスクと関係のある食材




AIの解析によると、新型コロナを発症した人や

検査で陽性になった人達の食事傾向から

下記の食品を摂ることで発症リスクが

高まっている可能性があるようです


・小麦製品

小麦に含まれているグルテンは、体内で分解されにくいタンパク質で

これが腸で炎症を引き起こします。炎症が起きると免疫機能が

うまく働かなくなってしまいます

・乳製品

牛乳にはカゼインという強力なタンパク質が含まれています

過剰に摂取すると、体内で異物として認識され

腸に炎症が起きる可能性が指摘されています

・甘い物

糖尿病などの素因を持っている人が、加工食品などに含まれる

ブドウ糖を大量に摂ることで、免疫力が低下して発症リスクに繋がる

・油

飽和脂肪酸が含まれる動物性の油は、体内で炎症を起こします

・食品添加物



リスクの高い食べ物 菓子パン

小麦製品で油や乳製品、糖や添加物も含まれている物が多い

毎日食べるのは避けた方が無難の様です

カロリーゼロや砂糖不使用の飲料や食品に含まれている人工甘味料には

発がん疑惑があるようですから注意が必要ですね

(フランスの大学で10万人を8年間調査した結果)

アスパルテーム・アセルファムK・スクラロース等

非摂取の人と比べてがんになるリスクが13%増

アスパルテームは摂取量が多いと乳がんの発症が20%増


他にも

興奮毒性といって神経伝達物質の濃度を過剰に高める働きがあるそうです

毎日大量に摂り続けると興奮状態が続くことになり

10年、20年先には神経細胞が死んでしまい

認知症など神経変性疾患に繋がる可能性もあるのだとか

太らないと安心して、飲み過ぎ、食べ過ぎては

いけないのかもしれないですね・・・😓





😊上記の食べ物はコロナに関わらず、

全ての健康に通ずるものだと思います




コロナの発症を防ぐ食品トップ5




1 豚ロース

免疫力を高めるのに非常に有効な成分の

ビタミンB1が豊富に含まれている

2 米ぬか

発酵食品なので腸内細菌が活発化し、免疫力を高めてくれる

ビタミンB1、 B 2、 B 6、 ビタミンKなどの様々なビタミン成分が含まれ、食物繊維も豊富



3 海藻

モズク、アオサ、ワカメなどの海藻類は

腸内細菌のエサとなる水溶性食物繊維が豊富なので

腸内細菌が増えて免疫力のアップに繋がります

4 酒かす

発酵食品なので腸内細菌が活発化し、免疫力を高めてくれる

ビタミンB1、 B 2、 B 6、 ビタミンKなどの様々なビタミン成分が含まれ、食物繊維も豊富



5 グリンピース



・オリーブオイルやアマニ油などの植物性の油を加熱せず、

サラダにかけて食べる事がおススメ



😊グリーンピースがナゼいいのか ?

食物繊維は豊富のようですね

私の苦手な豆です😓



AIおススメのメニュー 「豚しゃぶ」だそうです😊

油も使用せず、余分な油も落とせ、

豚肉が持つ豊富な栄養成分を摂取出来ます



免疫力を高めてくれる食品を摂って乗り越えましょう! !


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村