2か月ぶりに大学病院へ

      2020/11/10

う~~寒いです。今シーズン一番の冷えている大阪の朝となりました。

気温が低くなってきて新型コロナ患者数も増加傾向になって来ているようですね。

気温が5度位だとコロナウイルスは2週間も生きているんだとか!

室温や湿度に気を付けてこの冬は過ごさないといけませんね




子宮頸がんⅢb、経過観察中

 

4月末に再発の放射線治療が終了してもうまる6か月が過ぎました(早いね)

7月初旬のPET-CTの結果では嬉しい事に光っている所はありませんでした

 

9月 婦人科診察 細胞診、SCC(腫瘍マーカー)クリアー

 

11月 婦人科診察  SCC(腫瘍マーカー)クリアー

今日の内診の時先生が「子宮は綺麗で水も溜まっていない」と言われました

そういう声掛けは今まであまりなかったのです

なんかホッとした気分になれました^^

このままの状態が続くことを願うばかりです

 

水が溜まるって ? どういう事

再発してたら水が溜まっているのかな ?

子宮頸がんと発覚する前に水溶性のおりもの(ほぼ水な感じ)が

多くなってはいましたから

それと同じ事なのかもしれませんね

次言われたら聞いてみよう^^;

 

SCC(腫瘍マーカー)の数値が上昇した事で再発がわかったから

局部的な変化とかよくわかりません^^;

 

最近どの先生が担当医なのかよくわかんなかったけど

また良い先生に診て頂けて嬉しいかも^^

 

1時の予約が2時半過ぎに最終呼ばれました

待ち時間の長いのがネックですね^^;

 

新年はCTからのスタートです^^;

その頃には60肩もましになっているかな~

CTとかの検査の時「手上にあげられますか ?」と聞かれることがあります

その時は手を上げる事が困難になるなんて想像もしなかったです^^;

ましにはなって来ているけどまだエプロンの紐後ろ手で結ぶのが困難な状態です^^;

 




子宮頸がんワクチン積極的勧奨

 

待っている時旦那が携帯のニュースで見つけたようで見せてくれました

朝日新聞デジタルの2020年11月4日の記事です

 

「子宮頸がん死亡4千人増と推計、阪大、ワクチン接種減で」

という見出しでした

 

国の統計によると、毎年1万人以上が新たに子宮頸がんを発症し、

3千人近くが亡くなっているそうです

 

2013年4月から小学6年〜高校1年の女子を対象に国の定期接種となり、

市町村が個別に通知して接種を呼びかける「積極的勧奨」になった。

しかし、健康被害を訴える人が相次ぎ、同年6月に定期接種のまま勧奨を中止しました。

厚労省がワクチン接種の勧奨をしなくなったことで、

将来に子宮頸がんにかかる人が約1万7千人、

亡くなる人が約4千人増える計算になったという論文のようです

 

阪大の先生方は

「積極的勧奨を一刻も早く再開するとともに、

対象年齢を過ぎた人にも接種の機会を提供するなどして、

死亡数の増加を抑えていく必要がある」と仰られています

 

sakura

子宮がん検診は有効性が認められたものはないけれど、

HPVワクチンはがんを予防するという試験の結果があるそうです。

ウイルスは人体の遺伝子を変異させる。

様々なウイルスが未知のがんの原因になっている恐れがあります

ウイルスは怖いという意識を持つことが必要である。

国際医療福祉大学大学院教授 和田秀樹先生のお言葉です。

 

身近に十代の女の子がいる方は考えてみた方が良いのかもしれませんね

 

テレビでワクチンを打った後に目の異常が現れた女子高生だったかな ?の

姿を見たことがあり、ワクチンは怖いなって印象持ったことがあります

安全性がわかっていれば子宮頸がんを回避できる

ワクチン接種は有意義ですよね

難しい選択かもしれませんね・・・

 

旦那が一言「もうなってるし」だって^^;

はい! すみませんね、なってしまいましたよ^^;

 

今日の外来の受け付けは賑やかでした

婦人科の隣の泌尿器科受診したある男性がトイレに診療明細置いてきたようで無いと言ってる

1階の総合受付に行ってみてくださいと言われている

行ったけどないと再び現れた男性

少ししてから忘れてなくて自分で持っていたと言ってる

勘違いで何処かに忘れたと思ってたみたいですね

あってよかったね^^

 

もう一人も男性が受付へ

妻がいなくなったと言っている

お名前は ? 婦人科の診察ですか ?

の問いに精神科だと言ってる・・・

見つかったのかな~

 

11月3日文化の日

京阪電車では1日に2件もの人身事故が発生したそうです

最近そういうニュースも多くてやりきれませんね・・・

 






その他記事一覧

 - ニュース, 子宮頸がん再発, 癌(子宮頸がん、他)