石橋和歩被告はいじめに遭っていたようですね

      2019/01/17

FRAIDAYという雑誌の記事に書かれていました

 

あおり運転死亡事故

 

去年6月、東名高速道路であおり運転を受けて停車させられたご夫婦が

トラックに追突され死亡した事故で

14日に裁判員裁判の判決公判が出ました

横浜地裁は危険運転致死傷罪の適用を認めて

懲役18年(求刑懲役23年)を言い渡しましたね

 

遺族としてはもっと長くと願った事でしょうね

 

娘さんの

「一緒に死んでいた方がよかった」という言葉に

胸の詰まる思いがしました

 

Sponsored Link

 

男の罪は決して消えるものではないけど

そんな風に仕向けて行ったのも又人なのではないのかなって

フライデーの記事や画像を見て思ってしまいました

 

地元の福岡では強烈ないじめを受けていたんだとか

額にはマジックで肉と書かれ 顔一面にイタズラ書きされていたり

髪の毛をそり上げられたり モヒカンにされたりした姿を写して

さらされたりしていたようです

 

元々おとなしいタイプで(元彼女もそんな証言していましたね)

仲間の中では自分の意見も言えず

嫌と言えず強い者には屈するタイプだけど

自分より弱いと思う者に対しては

弱い自分を隠すために攻撃的になってしまうのかもしれません

 

いじめは人格をも壊してしまう事もあるのかもしれませんね

 

罪も確定したし

自分のした事の重大さに早くきが付いて

もっと反省して謙虚になって貰いたいものです

 

Sponsored Link

 

無くならないあおり運転

 

こんな大きな事件があったに関わらずまだあるのですよね

12月10日には、高速道路で前を走っていた車に対して1.4キロにわたって

あおり行為を繰り返した末に停車させたとして、陸上自衛官の男が逮捕された

追い越し車線を譲らなかったことに腹を立てていたことが動機だという

 

昨日もニュースで医師が逮捕されたとでていました

 

ささいなことをなぜ許すことができないのか

なぜ対抗心を燃やしてしまうのか

仮にイライラしたとしても なぜ我慢できずに行動に移してしまうのか

怒りの感情をコントロールする手法に詳しい日本アンガ―マネジメント協会の安藤俊介理事長は

「車の中は匿名の空間であり、ナンバープレートを相手に見られても、

一般人がドライバーを割り出すのはほぼ不可能。

正体を隠し、金属のよろいに守られた状態で相手を威圧できるので、

人間の攻撃的な本性が顔を出しやすいのだろう」とみる。

 

今はどこにでもカメラが設置されているから

すぐに見つかる可能性は大きいですよね^^

 

sakura

車は動く凶器ですよね

最近は続けて高齢者の飲酒運転による事故もあります

おちおち道も歩いてられませんよね^^;

 

私免許ないんです

随分昔に旦那から取らなくてもいいと言われた覚えがあります

心配で仕事にも出られなくなるからと^^;

まぁね 自分でも自信はないから^^;よかったのかもしれませんが

チャリンコは無事故ですよ(笑)

 






その他記事一覧

 - 事件, 独り言