体温が低いとがんになる恐れも 体温を1度上げて健康的にこの冬を過ごしましょう! その方法とは ?

体温を1度上げるだけで

病気に負けずに健康的に過ごせるようです

目指せ体温37度!  体温を上げるその秘訣は ?


 
 

Sponsored Link

 
冷えは万病の元と昔から言われていますね

現代人は昔に比べて体温が低下してきているようです

60年前 私が生まれたころだわ

日本人の平均体温は36.89度だったそうです

それが2013年のテルモさんの統計によると

36.21度と低下しているようです

現代人の体温の低下の原因は

毎日受けるストレスのようです

長時間ストレスを受けていると 血管が収縮して

体温の低下となるのですね

 

簡単な問題を解くというストレスを与えると

-0.24度体温が低下するという実験結果があるようです

 

現代人に多い病気も体温の低下が原因とも考えられるかもしれませんね

がんにしても

体温が35度台だと がん細胞が活発になるようです

温熱治療とか考えられたのはそういった事があるからでしょうね

 

風邪の引き初め

38度~40度のお湯で最低10分の全身浴をすることで

体温が上がり 酵素の働きが良くなって

免疫機能が高まり

体内に入った病原菌を撃退する

リンパ球も増加して 治りを早める効果があるようです

 

この冬体温を上げる4つの習慣

その1 朝の生活習慣

2度寝はNGです

目覚めると自律神経が切り替わって ゆっくりと体温が上がります

また寝てしまうと 自律神経が元にもどってしまい 体温が上がりにくくなるのです

朝の光を浴びると自律神経のサイクルが整うので

起きたらすぐにカーテンを開けましょう

 

朝のシャワーでは 腰を温める

お尻の割れ目の上にある 仙骨を温める

内臓の血流をコントロールする神経が通っていて

体温の上下に大きくかかわっている

1分ほど徐々に温度を上げながら温める

 

冷え性の方はこの仙骨にカイロ貼るといいですよ

おへその下の丹田と2か所貼れば寒い冬でも完璧ですよ

昨年子宮頸がんの治療終えて

身体はずっと冷えないようにカイロで温めていました

その2 食生活

朝食は冷たい生野菜のサラダなどは

水分が多く身体を冷やすのでやめた方がいいようです

 

体温を上げるには タンパク質を取ることが大切です

玉子 豆腐 カッテージチーズ リコッタチーズ ヨーグルト 豆類等

血流改善ができる納豆ごはんなどはもっとも最適のようです

鍋の季節 鍋のだし汁に片栗粉でとろみをつけると

保温性が高くなって お腹に入ってからも長く

身体を温めることができる

辛すぎると汗をかいて体温を下げてしまうのでNGのようです

 

その3 服装を変える

ダウンジャケットを着るときは 下に着るものは薄くする

厚手のセーターの時と 薄手のシャツの場合比べると

0.5度の差がでたようです

 

羽毛は体温で膨張して暖かい層を作るので

厚着だと体温が羽毛に伝わらないから体温が上がらないようです

 

羽毛布団の下に毛布はNG

羽毛は直接身体に触れていた方が膨らむので

毛布が下にあると 寝ている時の体温が遮断されて

暖かい空気の層ができず保温性が落ちるので

毛布は羽毛布団の上にかけたほうがいいですね

その4 運動

上向きスキップ

上を向いてその場でももを高く上げてスキップするだけ

スキップで下半身の筋肉をしっかり動かせます

又 くらはぎの筋肉はポンプの役目していて

血液の流れをよくして体温をあげます

 

上をむくことで気道が確保されて

呼吸がゆっくり長くなって リラックスができることで

血管がひらいて血流が改善する

スキップと上を向くことを組み合わせることが

体温アップのための最強の運動となるようです

1日10回朝食前がおすすめのようです

 

出来ることから少しずつ実践してゆきたいですね

 

朝から家の中でスキップ 家族は地震か?!

と思うかもしれないな・・・・(笑)

 

Sponsored Link

 

投稿者: sakura

大阪のおばちゃんです。 がんサバイバーですが元気です wanと一緒に日々大切に暮らしています。