子宮頸がんの告知から1年経過しました

      2018/10/20

2016年の夏

大量の出血があり 近所の産婦人科を受診すると

内診で頸部がカリフラワー状態になっていると

子宮頸がんステージⅢ くらいだと

あっさり告知されました

Sponsored Link

 

がん告知って 今は隠さず伝えるものなのですね

本人に内緒で治療は難しいし

病気の事知ってこそ 治療に進める事が出来るからでしょうね

 

人生初のがんの告知 けど案外冷静に受け止めていた

やはり抵抗があって がん検診は受けていなかったからありうる事だもの

でも 死などまったく意識することはなかった

大丈夫って よくわからない自信のようなものがあった

 

国立の大学病院が一番良いだろうと 紹介状書いて頂いた

やはり 子宮頸がんステージⅢb でした

腫瘍のせいで尿管が圧迫されて 右の腎臓が少しはれていたみたい

確かにたまに痛みがあったり 腰が痛かった

 

入院するまでの1か月の間に PET CT や MRI  検査を受ける

担当医は 子宮頸がんの研究されている助教授先生でした

 

病気治療も 運 っていうものがあるのかもしれません

初めて行った婦人科で 子宮頸がんの治療の研究されている先生を紹介されたことは

その後に大きくかかわってくるものですから

不信感もなく 治療お願いすることが出来ました

けど少しでも腑に落ちないことがある場合は

自分自身のために セカンドオピニオンしたほうが良いかと思います

 

すべて医者まかせにするのではなくて

自分自信も病気の事を勉強する必要はあるのかと思います

医者は自分が 癌 になったら

抗がん剤治療はしないと 答える人がほとんどだと

ほんとなのでしょうか ?

 

私はステージが進んでいたので

手術はできませんでした

抗がん剤治療と放射線治療という 標準治療でした

パクリタキセル カルボプラチン の2種類

週1回を6回 入院で受けました

月曜から金曜までは 骨盤への放射線治療を25回

終盤は 腔内照射が週に1回を3回

腔内照射が一番辛い治療でした

それに耐えて 癌は消えてくれました

今は経過観察の日々を送っています

 

癌 に 完治 はないかもしれません

 

それでも 普通に生活できています

きっと自分から話さないと がんサバイバー とはわからないでしょう

このまま 何もない日々が過ごせるように

体に良い事を 見つけて 実践していこうと思います。

Sponsored Link

 

がんの5年生存率

 

 

私の主治医からは1度も生存率がどうのとかいう話は出ませんでした

 

子宮頸がんⅢの5年生存率は61.8%

体がんⅢ 70.9%

卵巣がんⅢ 44.2%

 

すい臓がんⅢ 6.1%

胆道がんⅢ  16.2%

肝臓がんⅢ  15.2%

肺がんⅢ   22.4%

 

乳がんⅢ 82.6%

乳がんで亡くなっている方が多い印象がありますけど数字は高いのですね

ちょっと驚きです

小林真央さんが亡くなったのは自身の治療の選択のミスだったのかな ?

違う方法を選択していたら違った結果になっていたのかもしれませんね



その他記事一覧

 - ,