高齢世帯の2人暮らしの住人の同時死が6組12人も!?

      2018/04/09

東京都内で高齢世帯の2人暮らしの住人の同時死が

1か月半で6組12人と相次ぎました

何があったのでしょうか ?

ワイド!スクランブル第1部からの情報です

Sponsored Link

 
 

2人暮らしの高齢世帯の同時死

 

2月1日 豊島区 姉(86) 妹(79) 死後1か月ほど経過で発見

アパートの大家さんで家賃を月に1度届けに行くが返事がなかった 人づきあいはほとんどなかった
 
住人も姉がいる事を知らなかったようです

アパートの電気が15Aしかなくて住人は寒さに苦労していたようです

同じアパートに亡くなった姉妹も住んでいたので同じ状況です

 

2月3日 東村山市 夫(76) 妻(81) 死後数日で発見

夫は息子さんに電話で「お母さんが寝てて起きてこないと来ないと」電話したきた

その後息子さんが家に電話するが誰も出ないので見に行くと 81歳の妻は寝室ベッドの脇で

76歳の夫は浴槽内で亡くなっていたようです 警察はどちらが先に亡くなったのかもわからないようです

夫はペースメーカーを使用していました 妻は重度の糖尿病

相手が亡くなっていたことも気づかなかったのかも・・・・

 

2月13日 町田市 姉(87) 弟(77) 死後数日から1週間で発見

姉は浴槽内で沈んだ状態で死亡 弟はベッドの上で死亡

解剖したが死因は特定できず 遺書はない

ヒートショックなのか ?

 

2月19日 豊島区 母(86) 娘(60) 死後2週間で発見

母親は寝室で死亡 娘は台所で死亡 娘が母親の介護をしていました

新聞がたまっていたことで配達員が通報されて発見

 

3月6日 北区 姉(85) 妹(82) 死後3日(姉) 死後2週間(妹)で発見

姉は脱衣所で死亡 妹は寝室で死亡

 

3月13日 北区 夫(83) 妻(85) 死後10日~2週間で発見

妻は介護ベッドの上 夫は畳の上の布団付近で亡くなっていたそうです

夫は2年前に甲状腺がんで入院 心筋梗塞で月1回通院 ほとんど外出しない

妻も5~6年前にがんで手術されていました 買い物には行かれていたようです

近所の方が訪ねても返事がないので娘さんに連絡がいく様にされたようです

娘さんは「正月に会ったときは二人とも元気だった 2人暮らしなので大丈夫と思っていた」と驚いている様子

 

警察はいずれのケースも事件や事故ではないとみているようです

これだけ多くの同時死はこれまで経験のしたことのない出来事だそうです

共通していることはどちらが先に亡くなったのかわからないという事のようです

Sponsored Link

 
 

なぜ同時死が起こってしまったのか ?

 

東京都内 1月~3月の気温で氷点下を記録したのが21回ありました

1月25日は-4℃と48年ぶりと歴史的な寒さのようでした 寒暖差が激しかったのです

東京ではインフルエンザが大流行して1月末頃には過去最多54人が亡くなりました

高齢だったり持病があると免疫力が低いのでより悪化するようです

そういった事が原因なのでしょうか ?

2017年度高齢社会白書

単身者   約620万世帯

夫婦のみ  約750万世帯 隠れ孤立世帯の可能性

高齢になると二人いるから安心ではないことを頭に置いておかないといけないようです

 

対応策

 

・ 地域の人が気に掛けてあげる

・ 60歳過ぎたら周りからの声掛けを受け入れる状況を持っていないといけない

一方通行ではなくてお互いにという感じですね

人によっては嫌がる事もあるようですが近所づきあいとかある方が安心なんですよね

とはいっても毎日顔合わすこともないし突然家の中で何かがあってもわからない気はします

 

 

 



その他記事一覧

 - テレビ番組 , ニュース, 生活