モズクを食べてフコイダン摂取でがん細胞を自滅させて健康長寿めざしましょう!

   

100歳になっても免疫力が衰えない!
腸を老けさせないパワーがある海藻モズクについてのお話です
林修の今でしょ!講座より

Sponsored Link

 
人間の免疫機能の約70%が腸内に存在するのです

腸内環境が悪くなると腸が老けて免疫力が低下します

免疫力の低下は様々な病気のリスクが高くなります

病気知らずの健康長寿の秘訣は腸を若々しく老けさせない事

腸を老けさせないパワーがある海藻は

モズク

沖縄県・うるま市 日本のモズクの90%以上の生産地

やはり生産地だけあってモズクを良く食べて病気知らずの健康長寿の方が多いようです

なぜモズクは腸を老けさせない ?

モズクのネバネバの成分が大事な栄養素 フコイダン です

フコイダンは海藻だけに存在する水溶性食物繊維

メカブ コンブ ワカメに比べて倍以上含まれているのです

なぜモズクだけにフコイダンが多く含まれているのか ?

モズクが育つ環境で違いがあるのですね

沖縄の海は遠浅で透明度が高いので、海底までしっかり太陽の光が届くのです

そのため光合成がしっかりできて、太く大きく育って栄養成分が増すのです

Sponsored Link

 

モズクのすごいパワー

1 フコイダンが腸の中を大掃除!

フコイダンはそのまま壊れないで腸まで行きます 腸に行くと水分を吸収して大きくなります
消化されないので腸をゆっくり移動するのでお腹がいっぱいな感じを受けて暴飲暴食を防ぎます 移動の際にコレステロールや腸内の余分な物を外に出してくれるのです

腸内細菌の餌にもなるようです 腸のお掃除で便秘の改善も期待できます

2 フコイダンががん治療に期待できる!?

がん細胞にフコイダンを接触させると がん細胞自体が自滅するという研究結果もあるようです 必要のない細胞は無くなる方が良いようです

人間の身体でも同じ細胞がいつまでもあると困る事があるようです

細胞もどんどん若返っていかないといけない それが自滅なんですね

でもがん細胞は無くならない 自滅しないのががん細胞

鳥取大学の研究では
がん細胞わ移植したマウスにフコイダンを混ぜた餌を与えて調査するとマウスの生存日数が約2倍になったそうです

健康な細胞はがん細胞とは性質が違うためにフコイダンの影響は受けないそうです

モズクのフコイダン吸収率アップする食べ方

モズク酢が一般的ではありますが熱を加えるとフコイダンの吸収アップになるのです

沖縄の方が食べていたものは

モズクの炊き込みご飯 カステラにも細かく刻んで入れるそうです 沖縄では定番だそうな

野菜などと一緒にかき揚げにするそうです

フコイダンは熱を加えても壊れないのです
熱を加えることで腸に吸収しやすくもなるようです

スープやお味噌汁にも良いですね^^

モズク食べま~~~す! ! (笑)

 


その他記事一覧

 - テレビ番組 , 健康,