がんになった原因は旦那へのストレスか ?! 更年期障害か ?

   

子宮頸がんは 遺伝性ではないので

私の細胞が がんに変化したのは

性格ではないかと思っていたけど

それだけではないのかもしれない・・・

 

 

ストレスががんの原因?

 

がん細胞はどんな人でも毎日発生しているそうです

それが がん(悪性腫瘍)に 育ってしまうのは

ストレスによって免疫力が低下していて

がん細胞を排除、抑制できないから だとか

 

更年期障害でホルモンバランスの崩れ

もあってか よい睡眠が取れてなかったし

イライラやめまいも起こっていた

心配事も多くて いつも私の心身は緊張状態で

自律神経失調していたのかもしれないです

自律神経は 交感神経と副交感神経から 成り立っていて

ストレスが強いと 交感神経が優位になってしまい

色々な症状がでるようです

副交感神経に切り替えがうまくできず

ストレス過多状態だったのかもしれません

 

旦那がストレスの原因 ?

 

更年期障害もあるけれど

最大の原因は旦那だったりして

自営だし仕事が切れたら家にいるし

家にいたら 光熱費もかかる

暇で 集金がない・・・ と悪循環

自営業の宿命か ・・・

姑もいるし 最悪の環境かもしれないな

 

そこに 自分の気持ち押し殺して

我慢する性格が加わって

がん細胞が育ったのかも?

 

みんな推測でしかないのよね

 

確かによい環境で生活はできてはいない

ほんとうに ストレスでがんになるのかも 定かではない様だし

決めつけはいけないかもしれないな

 

がん再発防止に向けてこれからの生活を変える努力をする

 

過ぎてしまった事にくよくよせずに 前向きに考えるようにする

楽しいと思えることはやってみる

よく眠れるように適度に運動したり ゆったりとお風呂に浸かる

言いたい事はいって内に溜め込まない!

身体を冷やさない

偏った食生活にならないように なんでも食べる

がんの餌になる糖分は控える(これはちょっと難しいかもしれない(笑)

 

大らかに過ごしたい気持ちはあるけど

少しの身体の変化に

放射線治療の晩期後遺症か ?

とか心配することも

これから先も がん患者の苦悩は続くのであります

 

その他記事一覧

 -