マラソン元日本代表選手がまた万引きで逮捕

      2018/08/16

原裕美子被告執行猶予中に再び万引きをして逮捕されたようです

たった382円の商品 どうしてなのかな ? 病気 ?

Sponsored Link

 

原裕美子被告

1982年 栃木県生まれ

2005年 初マラソン挑戦で 名古屋国際女子マラソン優勝 世界選手権6位入賞

2007年 大阪国際女子マラソン優勝

国際大会でも優勝経験があるマラソン元日本代表でもある

原裕美子被告(36歳)が3月2日群馬県太田市のスーパーで

万引きをしたということで逮捕・起訴されました

キャンディーなど382円相当のお菓子類だったようです

「店を出る前に商品を元に戻そうと思っていた」と言っているようです

2017年11月には栃木県内のコンビニで化粧品や食料品を万引きしていて懲役1年執行猶予3年の有罪判決を受けていました

本人はどうして懐に入れたか覚えていないようです

2017年以前にも2度の窃盗で罰金刑を受けていたそうです

どうしてくりかえしてしまうのでしょうか ?

Sponsored Link

 

クレプトマニア(窃盗症)

ゆうメンタルクリニック ゆうきゆう院長の解説です

金銭的な事情からではなくて 物を盗む衝動を抑えられず 窃盗を繰り返す精神疾患

・重度のストレス

・家事・育児で悩む主婦

・摂食障害が背景にある場合も

盗る事自体で快感を覚えるそうです

原被告も窃盗が続いているし金額も少額なので
この疾患の可能性もなきにしもあらずのようです

疾患があっても前提としては犯罪なので刑務所に入るべきではあっても
入ったからと言って疾患なら治らないとまた窃盗を犯してしまいますから
治療が優先されるべきではないのかな ?

48歳の女性は万引きを繰り返して 裁判官から次は刑務所だと言われた家への帰り道でまた万引きをしてしまったようです 頭でわかっていても衝動のほうが大きくて抑えられないようです この人は拒食症が発端でお腹がすいてパンを盗んだのが病み付きになって
盗んだもので冷蔵庫が満たされるとそれを見て自分の気持ちも満たされたようです

盗んだものであるという認識がなくなって罪の意識もないんですよね
理解するのが難しい疾患もあるんですね・・・

最近ようやくこの疾患が認識されて来たそうです

対応策

治療院のような所はまだ少なくて全国で10か所位のようです

長期の時間を要するので治療を続ける事はなかなか困難なようです

家族や周りの人間のサポートが必要かもしれませんね

 



その他記事一覧

 - ニュース