高齢者に増加・転倒骨折・骨折の予防対策3か条とは

   

最近芸能人の方の骨折も増えてきているようです

美川憲一さん71歳も骨折されたようです

Sponsored Link

 
美川憲一さんは

階段で足を踏み外して転倒 左足外くるぶし骨折で3時間の手術で全治2か月のようです

足以外はいたって元気なようなのでもう退院もされて早期復帰されるようです

もう71歳になられていたんですね 見た目は全然変わらないですよね^^

 

2017年3月 研 ナオコさんが大腿骨頸部骨折

2017年9月 黒柳徹子さんが大腿骨頸部骨折

過去にも

2015年9月 赤木春恵 大腿骨頸部骨折

2015年10月 木の実ナナ 大腿骨骨折

2017年9月21日にはタレントの山瀬まみさん(48歳)が両足骨折したとびっくりな話もありましたね ソールの高いヒール靴を履いていてスタジオでコードに引っかかって飛ぶように転んだようです 床も固いですし 右膝蓋(しつがい)骨と左足第5中足骨の骨折で全治3カ月の重傷だったとか

骨が折れるとどんどん腫れてくるんですね・・・

こけないように気を付けないといけませんね
とはいっても何もないのに歩いててつまづいたりすることもあるしな・・・

 

転倒して骨折となる

原因は骨粗しょう症(年齢が上がってくると骨がスカスカになる)かもしれません

一般的には65歳から骨折が増えてきます遺伝的な体質のようなものがあるので

おじいさんやおばあさんなど身内で骨粗しょう症で骨折されている方がいたら健康診断受けた方が安心のようです

高齢になってこけて腰の骨など折ると寝たきりになってしまいますから注意しないとですね

骨折の予防対策3か条

適度な運動

規則正しい生活

骨密度を測定して骨の健康状態を知っておく

骨粗しょう症予防の成分

閉経した女性ではβ-クリプトキサンチンの血中濃度が高いほど骨粗しょう症の発症リスクが低下することがわかったようです

骨が折れやすくなる原因はコラーゲンが硬くなるからなのです

コラーゲンが硬くなる原因が高血糖なのです

みかんに豊富に含まれているβ-クリプトキサンチンが血糖値を低くしてくれることで骨粗しょう症の予防になるのです

以前に書いた記事もよろしければ読んでくださいね^^

↓↓↓

閉経後の骨粗しょう症予防にはコラーゲンとみかんの成分が必要

 

高血糖はほんと悪です万病の元ですね 血液ドロドロにし血管系の病も起こしますし

糖尿になれば認知症のリスクも高くなりますし

血糖値が高くならないような食事の仕方が一番大切なのかもしれませんね

↓↓↓

糖質を味方にするズルイ食べ方! ! イメージ大逆転油摂取でも痩せる! !

 
血糖値が急激に上がらないように最近朝食に食べる食パンを食べる前にチーズを食べる事にしています^^

 

Sponsored Link

 

その他記事一覧

 - 健康