乳幼児まさかの家庭内事故・身近にある危険な物とは

東京消防庁のまとめによると2013年~15年の間に窒息や誤飲(耳や鼻に入ったのも含)

で救急搬送された5歳以下の乳幼児は3537人もいたそうです

私も35年くらい前に経験したことがあります・・・・

Sponsored Link

9割以上が自宅での事故・原因になる物は ?

先日は5歳の男の子がドラム式洗濯機に閉じ込められて亡くなりましたね

ずっと以前にもあって危険であるとわかって改善もある程度されていたと思うのですが

同じような事が起きてしまったようですね ロックしておくとか親の注意は不可欠かもしれません

他にも沢山危ないもは身近にあるのです

窒息や誤飲の原因は

食品 お菓子 が一番多くて 続いて 玩具 包み 袋 たばこ 薬剤などです

4歳の女の子が かた焼きそばに入っていたうずらの卵を喉に詰まらせて窒息

以前1歳くらいの子がマンナンゼリーを喉に詰まらせて亡くなった事故もありましたね

つるっと言ってしまうから危険なのでしょうね

小さなうちから口に入れたものはよく噛む事を教えてあげないといけないのかもしれませんね

2歳の女の子が洗濯用パック型液体洗剤を誤飲して嘔吐救急搬送されました

ゼリーみたいで美味しそうな色ですものね 子供なら口に入れてしまいますよね

危険な物だと認識して子供の手の届かない所に置いておかないといけませんよね

最近おバカな大人(外国人)がお菓子食べながらこの洗剤も食べるという動画をアップされていて止めるようにとニュースで見ました 何考えているんだか! 注目されようと真似する子供がでてきたら責任とれるのかって思いますよ
やってる人は苦しもうがかまいませんが^^;

身近な物が凶器に

2012年~2016年には歯磨き中に受傷した事故で救急搬送された5歳以下の乳幼児は206人もいたそうです 歯磨き中に歩いたり走ったりして転倒が6割近くもあったようです

口の中の奥に歯ブラジが刺さったり・・・

口に細長い物を入れて動くことは本当に危険ですよね

歯ブラシだったか割り箸だったかアイスの棒だったか忘れましたが

脳にまで到達したような事故も以前あったような記憶があります

窓やベランダからの落下

ベットなど窓の近くに置かないとか ベランダには足場になるような物は置かないとか 危険かなと思うものはなくしておいた方がいいですね

電気ケトルやポットでのやけど

重いやけどのほとんどが2歳以下のようです 乳幼児から離れたところで使用しないといけませんね

2010年12月以降に医療機関から寄せられた子ども(0~14歳)の事故情報を分析すると

ケトルやポットの事故は7年で241件もあったようです

沸騰時の蒸気に触れたり コードに引っかかり熱湯をかぶったりするケースが多いようです

小さな子供がいるお宅では安全な商品を選ばないといけませんね

ボタン電池の誤飲

35年ほど前に経験したのがこれです^^;

今でも結構あるようですね 2010年~15年までの5年間で国内で939件もあったようです

当時新聞に載っていたんです 1歳未満の子がボタン電池を誤飲して手術で取り出したと

2~3件そういった事故が続いたように記憶しています 似たような事が続く事ってよくありますよね

話題にこそなりませんでしたが^^;家でも起こったのです

電卓に入っていたボタン電池でした 2個のうち1個がどうしてもみつからず

食べたのかもとすぐに市民病院に連れていったのです

レントゲン撮ると綺麗にボタン電池が写っていました^^;

もしかしたらウンチと一緒に出てくるかもと様子見る事に

幸いその通りになったので身体への異常もなく済んだのでよかったのです

ボタン電池は誤飲したことに気づくのが遅いと食道や胃の粘膜などに穴が開いてしまい後遺症が残る重症になる場合もあるようです

アルカリ電池からより電圧が高いものもあるリチウム電池に進化しているからより危険度も昔よりましているかもしれませんね

玩具も簡単に電池が取り出されないようにされているのに事故がずっと続いているのは何故 ? おもちゃだけでなくて身近にある物に沢山使われているからなのでしょうか

子供が小さいうちはいろんな事に気配りが必要ですね

 

Sponsored Link

投稿者: sakura

大阪のおばちゃんです。 がんサバイバーですが元気です wanと一緒に日々大切に暮らしています。