有馬記念逃げ馬タイプのキタサンブラックが感動の有終の美! !

      2018/01/07

最終ランのキタサンブラック どうなるかなってドキドキしながらテレビ観戦しました

Sponsored Link

 
出だしから先頭 このまま逃げ切れるのかドキドキでした

15頭のどの馬も追いつくことができず ぶっちぎりで1着でした!

素晴らしく最高の最終ランだったと思います 感動で涙を拭いている方の姿が見えました

私もうるうる感動してしまいました^^; 馬ってほんと癒しの存在です

キタサンブラック 5歳

父 ブラックタイド 母 シュガーハート

調教師さんによると 普段からお利口さんで身体も健康で丈夫で鍛えただけ強くなる調教師さん達の想いに素直に答えくれる馬のようです^^

2歳で厩舎にはいり細身だった身体もデビューの3歳ではほかの馬より大きく成長したようです スタミナのある馬で 先頭を走る逃げ馬タイプのようです 最終レースもそのスタイル貫きましたね^^

北島三郎さんがオーナーであるから注目度もあったかもしれませんが

騎乗している武豊さんも仰っていましたが ここまでの馬になるとは思わなかったという所での馬の持っていた力の発揮の仕方にも注目されたのかもしれませんね

賞歴 GI7勝

2015年菊花賞 初GI制覇

2016年 天皇賞春 4cmの激闘の末勝利

2016年 ジャパンカップ 圧巻の逃走劇で勝利

2017年 4月大阪杯 GI 初代王者

2017年 天皇賞(春) ディープインパクト超えのレコードタイム

2017年 10月天皇賞(秋)不良馬場で神騎乗にて勝利

(2017年 11月26日 ジャパンカップ3着)

2017年 12月24日 ぶっちぎりで勝利

GI7勝しての引退ですね

レース前に武豊さんは 勝ちたいというより勝たせてあげたいと仰っていました その思いが叶ってよかったなって思います^^

2着のクイーンズリングという馬も引退レースだったようです^^

 

競馬が好きってわけでもないんですが 馬の走っている姿は好きなんです

ディープインパクトの走りにも感動した時もありました^^ ミーハーなんですね^^;

 

犬と馬どこか似通ったところがあって

これはドッグショーでの写真ですが 犬の走っている所も好きなんです^^

関係ありませんが家も引退しましたけどね^^;

Sponsored Link

 

その他記事一覧

 - 話題