認知症は水分不足が原因 ? 水分を補えば改善も可能!?

   

水分を摂ることで認知症の症状が改善するんですね よい事知りました!


 

Sponsored Link

 

夏は熱中症予防に水分を摂りましょう 脱水は怖い

との認識は漠然とはありましたが水分とは身体にとってすごく大切なんだなって改めて認識させられました

 

認知症とは

 

今まで経験してきた事の記憶や知識 認識 判断などをする力(認知力)が低下していき

自分だけでは生活が難しくなってしまう状態の事のようです

認知力の低下の原因に関係するのが脳がすっきりと覚醒しているかという所にあるようです

 

水分不足

体内の水分は 尿や汗 排便などで 1日に2500mlも排出量されているんだそうです

食事から摂取できる水分量は1000ml

数字から見れば1500mlの不足となります

一般的な高齢者の水分摂取量は600mlぐらいだとか

そういった水分の欠乏状態が続くと熱中症と同じような状態の意識障害を起こしてしまい

頭がぼーっとしたりに陥って徐々に物忘れが始まり認知症へとなっていくんだとか

身体から1%の水分が減ってしまうと身体全体の細胞が

正常に機能しなくなって意識がもうろうとしたりするんだそうです

 

同じものばかり飲んでいては飽きちゃうので

水分ならなんでもよいそうです

お水 麦茶 コーヒー ジュース スープなど

トイレの心配はあるけど頑張って摂取しましょう~^^

 

必要水分量の計算式

 

必要水分量=体重(kg)×33

水分蒸発量(不感蒸泄量)=体重(kg)×15+200×(体温-36.8)

※体内で生じる水分(代謝水)が200ml

必要水分量のうち、食事から補給できる水分が1,000~1,500ml程度、

体内で生じる水分(代謝水)が200ml程度ありますので、残りを飲料水で補給する必要があるようです

おおよその水分量の計算となりますのであくまでも参考程度とすればよいかと思います

わたしの場合は

1日の必要水分量は 1458ml 1日の水分蒸発量は 515ml

食事から水分の補給1000mlあっても少し不足しているかもしれませんね^^;
 

Sponsored Link

 

 

介護施設での試み

 

1日に1500mlの水分補給を続けることで 認知症の症状の改善が見られているそうです

テレビでもその様子が紹介されていました

無表情の方が水分補給して1か月後には別人のように笑顔でおしゃべりしたり散歩していたんです

効果が出ている様子でした

飲んでいる水の量が多い人の方が物忘れが少ないことも調査でわかっているようです

水の量と物忘れの度合いは完全に関連付けられているんですね

水分が身体に満たされると脳の覚醒も促されて頭がすっきりして

記憶に留めたりする力も蘇ってくるんですね 人の身体っ不思議です

 

認知症になっていて困る事は体調の変化か起きたときに

どこが痛いとかはっきり意思表示ができれば

病気の判断も付きやすくなりますから改善も早くなるのです

 

水分ってほんとうに大事なんだなってとってもよい勉強が出来ました

水分をたっぷりとって脳をいつまでも若々しい状態に保ってあげて認知症予防しなければいけませんね

 



 

 

 

その他記事一覧

 - 健康, 認知症